Issues

zLog Development Tasks

enhancement 1

ICOM機のCI-V制御改善

2022-09-29T23:52:10Z

ICOM機のCI-V制御で、コマンド送出後、FB(OK)/FA(NG)応答を待つことにする。

jr8ppg
0

IC-905対応

2022-09-16T16:07:39Z

1000MHz台の周波数情報がどうなるか?

jr8ppg
0

FT-710対応

2022-09-16T16:06:50Z

FT-2000でいけるか?

jr8ppg
enhancement 0

ボイスメモリ再生の前後にリグにコマンドを送りたい

2022-08-26T13:26:48Z

ICOMのCI-V コマンド1A-05-0118(IC-705の場合)で00(MIC)と01(USB)を切り替えを行うとボイスメモリ送信中にMICをOFFにできる。

PTT ON>コマンド送信(USB)>再生>コマンド送信(MIC)>PTT OFF

jr8ppg
bug 3

BandScopeでアクセス違反

2022-08-09T11:52:55Z

FDコンテストでの発生報告

==============================================================================
= 2022/08/07 6:02:57                                                         =
==============================================================================
There was an error during the execution of this program.
The application might become unstable and even useless.
It's recommended that you save your work and close this application.

モジュール 'zlog.exe' のアドレス 000000000041426B でアドレス FFFFFFFFFFFFFFFF に対する読み取り違反がおきました。.

------------------------------------------------------------------------------
Exception log with detailed tech info. Generated on 2022/08/07 6:02:56.
You may send it to the application vendor, helping him to understand what had happened.
 Application title: zLog for Windows
 Application file: 
------------------------------------------------------------------------------
Exception class: EAccessViolation
Exception message: モジュール 'zlog.exe' のアドレス 000000000041426B でアドレス FFFFFFFFFFFFFFFF に対する読み取り違反がおきました。.
Exception address: 000000000041426B
------------------------------------------------------------------------------
Main thread ID = 1808
Exception thread ID = 1808
------------------------------------------------------------------------------
Exception stack
Stack list, generated 2022/08/07 6:02:56
[000000000041426B]{zlog.exe    } System.InternalUStrCatN
[0000000000DDBCB8]{zlog.exe    } JclDebug.JclCreateStackList
[0000000000DDBC36]{zlog.exe    } JclDebug.DoExceptionStackTrace
[0000000000DDD8A2]{zlog.exe    } JclDebug.DoExceptNotify
[0000000000DCBAD5]{zlog.exe    } JclHookExcept.TNotifierItem.DoNotify
[0000000000DCBD1B]{zlog.exe    } JclHookExcept.DoExceptNotify
[0000000000DCBED7]{zlog.exe    } JclHookExcept.HookedExceptObjProc
[00000000004113DE]{zlog.exe    } System.@DelphiExceptionHandler
[00007FF8EFA7229F]{ntdll.dll   } Unknown function at __chkstk
[00007FF8EFA21454]{ntdll.dll   } RtlRaiseException
[00007FF8EFA70DCE]{ntdll.dll   } KiUserExceptionDispatcher
[000000000041426B]{zlog.exe    } System.InternalUStrCatN
[0000000000414A5B]{zlog.exe    } System.@UStrCatN
[000000000097C6F7]{zlog.exe    } UBandScope2.TBandScope2.GridMouseMove
[000000000062E8BB]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TControl.MouseMove
[000000000080E69F]{zlog.exe    } Vcl.Grids.TCustomGrid.MouseMove
[000000000062E997]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TControl.WMMouseMove
[000000000040FF35]{zlog.exe    } System.TObject.Dispatch
[000000000062DCF0]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TControl.WndProc
[0000000000634F50]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TWinControl.WndProc
[00000000006340CC]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TWinControl.MainWndProc
[00000000004CD8F6]{zlog.exe    } System.Classes.StdWndProc
[00007FF8EF61E858]{USER32.dll  } Unknown function at CallWindowProcW
[00007FF8EF61E299]{USER32.dll  } Unknown function at DispatchMessageW
[00000000007DB843]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.ProcessMessage
[00000000007DB8B8]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.HandleMessage
[00000000007DBD06]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.Run
[0000000000DE33C4]{zlog.exe    } Zlog.Zlog
[00007FF8EDA87034]{KERNEL32.DLL} BaseThreadInitThunk
[00007FF8EFA22651]{ntdll.dll   } RtlUserThreadStart
------------------------------------------------------------------------------
Call stack for main thread
Stack list, generated 2022/08/07 6:02:57
[00007FF8EFA6ED74]{ntdll.dll   } ZwGetContextThread
[0000000000DDC401]{zlog.exe    } JclDebug.TJclStackInfoList.Create
[0000000000DDBD2B]{zlog.exe    } JclDebug.JclCreateStackList
[0000000000DDBE56]{zlog.exe    } JclDebug.JclCreateThreadStackTrace
[0000000000DDBF04]{zlog.exe    } JclDebug.JclCreateThreadStackTraceFromID
[0000000000DE0B8F]{zlog.exe    } UExceptionDialog.TExceptionDialog.CreateReport
[0000000000DE03E7]{zlog.exe    } UExceptionDialog.TExceptionDialog.CreateDetails
[0000000000DE307D]{zlog.exe    } UExceptionDialog.TExceptionDialog.UMCreateDetails
[000000000040FF35]{zlog.exe    } System.TObject.Dispatch
[000000000062DCF0]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TControl.WndProc
[0000000000634F50]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TWinControl.WndProc
[00000000007CD0DE]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TCustomForm.WndProc
[00000000006340CC]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TWinControl.MainWndProc
[00000000004CD8F6]{zlog.exe    } System.Classes.StdWndProc
[00007FF8EF61E858]{USER32.dll  } Unknown function at CallWindowProcW
[00007FF8EF61E299]{USER32.dll  } Unknown function at DispatchMessageW
[00000000007DB843]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.ProcessMessage
[00000000007DB8B8]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.HandleMessage
[00000000007D4944]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TCustomForm.ShowModal
[0000000000DE2F1F]{zlog.exe    } UExceptionDialog.TExceptionDialog.ShowException
[0000000000DE214E]{zlog.exe    } UExceptionDialog.TExceptionDialog.ExceptionHandler
[0000000000DAA600]{zlog.exe    } Vcl.AppEvnts.TCustomApplicationEvents.DoException
[0000000000DAB1C1]{zlog.exe    } Vcl.AppEvnts.TMultiCaster.DoException
[00000000007DBEBA]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.HandleException
[00000000006340EE]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TWinControl.MainWndProc
[00000000004CD8F6]{zlog.exe    } System.Classes.StdWndProc
[00007FF8EF61E858]{USER32.dll  } Unknown function at CallWindowProcW
[00007FF8EF61E299]{USER32.dll  } Unknown function at DispatchMessageW
[00000000007DB843]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.ProcessMessage
[00000000007DB8B8]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.HandleMessage
[00000000007DBD06]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.Run
[0000000000DE33C4]{zlog.exe    } Zlog.Zlog
[00007FF8EDA87034]{KERNEL32.DLL} BaseThreadInitThunk
[00007FF8EFA22651]{ntdll.dll   } RtlUserThreadStart
------------------------------------------------------------------------------
System   : Windows 10 Professional, Version: 10.0, Build: 4A63, ""
Processor: Intel, Intel(R) Core(TM) i5-5300U CPU @ 2.30GHz, 2290 MHz MMX SSE SSE2 SSE3 SSSE3 SSE41 SSE42 64 bits DEP
Memory: 10115; free 7114
Display  : 1680x1050 pixels, 32 bpp
------------------------------------------------------------------------------

jr8ppg
3

「整数のオーバーフロー」エラーが発生

2022-08-09T11:50:57Z

FDコンテストでの発生報告

==============================================================================
= 2022/08/07 2:22:55                                                         =
==============================================================================
There was an error during the execution of this program.
The application might become unstable and even useless.
It's recommended that you save your work and close this application.

整数のオーバーフロー.

------------------------------------------------------------------------------
Exception log with detailed tech info. Generated on 2022/08/07 2:22:55.
You may send it to the application vendor, helping him to understand what had happened.
 Application title: zLog for Windows
 Application file: 
------------------------------------------------------------------------------
Exception class: EIntOverflow
Exception message: 整数のオーバーフロー.
Exception address: 00450E24
------------------------------------------------------------------------------
Main thread ID = 2700
Exception thread ID = 2700
------------------------------------------------------------------------------
Exception stack
Stack list, generated 2022/08/07 2:22:55
[00450E24]{zlog.exe    } System.Classes..TStringList
[00450E24]{zlog.exe    } System.Classes..TStringList
[00A8FF19]{zlog.exe    } Main.TContest.RenewScoreAndMulti
[00A8FD78]{zlog.exe    } Main.TContest.Renew
[0093E045]{zlog.exe    } UEditDialog.TEditDialog.OKBtnClick
[0057AE6B]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TControl.Click
[0057F867]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TWinControl.WndProc
------------------------------------------------------------------------------
Call stack for main thread
Stack list, generated 2022/08/07 2:22:55
[77396B94]{ntdll.dll   } KiFastSystemCallRet
------------------------------------------------------------------------------
System   : Windows 7 Home Edition, Version: 6.1, Build: 1DB1, "Service Pack 1"
Processor: Intel, Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU     U9400  @ 1.40GHz, 1400 MHz MMX SSE SSE2 SSE3 SSSE3 SSE41 64 bits DEP
Memory: 3486; free 2384
Display  : 1024x768 pixels, 32 bpp

jr8ppg
bug 2

N+1のColumnsが2以上の場合、フルマッチ時にハイライト色にならない

2022-08-08T12:05:50Z

通常のフルマッチ時の動作は、N+1画面の該当局とCALL入力欄がハイライト色(黄背景)になります。 しかし、N+1画面のColumnsが2以上の場合、背景色が黄色に変わりません。

jr8ppg
enhancement 1

相対パスでPath / Super Check フォルダを指定したい

2022-06-15T14:34:25Z

Pathの各フォルダを相対パスで記載したいです。 USBメモリスティックで各マシンにzLogフォルダを配布した際に 毎回Pathを書き換えるのが大変だからです。

例えばD:¥HAM¥zLog¥zLog.exe とした場合にCFG/DAT を CFG .¥CFG¥ D:¥HAM¥zLog¥CFG が同じフォルダを参照するように動作したい。 (環境変数も使えると自由度が増します %userprofile% など)

【現状】各フォルダを、CFGs, LOGs, Backups, Sound, Plugin, Superchecksとして

CFG/DAT : CFGsと書くと見に行っている Logs : LOGsと書いても見に行かない(最後に開いたログフォルダが開く) Backup : Backupと書くとアプリケーションエラーが発生する(書けないので) ┗.¥Backup¥と書けばBackupフォルダを作成してそこにバックアップファイルを作成する Sound : 未確認 Plugins : 最初からフルパスが書いてある! Super Check : Superchecksと書いてそれが存在していれば見に行く

【蛇足】 Path指定の5項目は逆スラッシュが¥で、Super Checkは\なのもちょっと気になります

jj8dan
enhancement 0

QSO RateEx TARGETにも折れ線グラフが欲しい

2022-05-04T13:01:31Z

QSO RateExウインドウで、TARGETにも折れ線グラフが欲しい。

jr8ppg
enhancement 2

SO2RサポートV2:2BSIQ対応

2022-04-20T14:47:25Z

SO2Rサポート第二弾として、2BSIQ支援機能にバージョンアップする

jr8ppg
enhancement 0

SCP APIの対応

2022-04-04T14:22:21Z

Watchful users of Super Check Partial will see a significant increase in the number of callsigns in MASTER and its derived files. This month痴 release (just posted live) has 40,940 calls in MASTER ・up from 35,416 last month.

This step function in active calls is a result of a new API which allows logging programs to directly submit a log to Super Check Partial. This removes the need for the contester to take the extra step of emailing the log to logs@supercheckpartial.comlogs@supercheckpartial.com. Logs are submitted securely to Super Check Partial over HTTPS and are 都igned・by the logging program before submission to authenticate the origin of the log.

SCP API support has already been added to N1MM+, DXLog.net, SkookumLogger, N3FJP痴 loggers and Writelog. This support is in published releases for N1MM+ and DXLog.net, selected contests for N3FJP loggers and in beta versions for SkookumLogger and Writelog.

N3FJP痴 release process will add this support to all their loggers through the course of this year.

I am very grateful for the support from the software teams supporting these loggers for their willingness to add the API support. It has made an enormous improvement in the number of logs submitted to Super Check Partial.

As an example, for the CQ-WPX-SSB contest just held, the API generated 1,632 logs compared to 121 logs submitted by email in 2021. Not only has the introduction of the API led to more submitted logs but it has greatly increased the submission of logs from contesters outside the US, as well as logs from non-US sponsored contests.

The supporting logging programs ask the contester for their consent to upload the log to Super Check Partial ・by design this is an opt-in process. Logs are NOT submitted without the contester痴 consent.

Super Check Partial uses a thresholding process to minimize busted calls in the MASTER file ・this threshold has been set at 6 for many years and does a good job in limiting busts. It doesn稚 address systemic issues like H on CW being logged as an S ・some stations suffer from this more than others and when detected, the busted call is blocked as part of the monthly generation process.

I will be watching closely over the next few months to see whether the threshold needs to be changed. As in the past, please report busted calls or requests for add/deletions/changes to logs@supercheckpartial.comlogs@supercheckpartial.com.

Email submission is still supported ・so if you have a logger which doesn稚 support the API, please continue to use the email process. Please consider asking the author of your logging program to add support for the API.

If you are the author of a logging program and would like to add the API support to your program, please contact me directly for documentation etc.

73 Stu K6TU

jr8ppg
0

2Radio対応、YCCC SO2R BOXのminimum仕様対応

2021-12-30T15:27:54Z

たぶんこれと思います。 https://www.k1xm.org/OTRSP/index.html https://www.k1xm.org/OTRSP/OTRSP_Protocol.pdf

jr8ppg
enhancement 1

DX用のバンドプラン初期値が欲しい

2021-11-10T23:52:29Z

JA/DXともに、CW/SSB/RTTY別にプリセットが欲しい。

jr8ppg
bug 0

CWON/OFFコマンドでアプリケーションエラーその2

2021-10-28T13:56:51Z

#223 を継続調査。

jr8ppg
0

QSO Edit時にSentが設定されていないと、空で上書きしてしまう

2021-10-28T13:53:20Z

タイトルの通り #239 より分割

jr8ppg
enhancement 0

CQの自動リピートの回数の改善

2021-10-13T12:39:42Z

“Use CQ RANDOM REPEAT”にチェックを入れていると、 CTRL+ZでのCQリピートが3回程しかされないように思います。 チェックをはずすと設定回数を繰り返します。 チェックを入れている状態でも設定数の繰り返しを希望します。

jr8ppg
enhancement 4

RTTYの改善

2021-09-26T14:33:04Z

1)WW RTTYも対応していただけると点数計算ができるようになり助かります。 2)ctrl+zの「連続CQ」ができませんでした。2つの「連続CQボタン」を押しても同様でした。 3)RTTYコンソールのコールサインを押した後、コンソールがアクティブの状態のままになります。 すぐに入力できるように、メインウィンドウをアクティブに遷移することはできないでしょうか?

jr8ppg
enhancement 2

Band Map画面をマウスのホイールを回したらすぐスクロールしてほしい

2021-09-23T12:50:34Z

スクロールに関しては、zLogの縦スクロールバーが普通のアプリと異なっている感触で、つまみ(ノブ)の長さが、縦方向のウィンドウ高さから期待する長さよりもなぜか短くて、ホイールでノブをだいぶずらさないとスクロールが始まらないことに起因しています。

jr8ppg
0

optionウィンドウを閉じた後、元のRIGへ戻りたい

2021-08-11T12:42:29Z

現状では、RIG2の状態で、otpionウィンドウを開いた後、閉じてメインフォームへ戻るとRIG1になります。 でれきば、元のRIGへ戻れないでしょうか? RIG1以外の時は、予期せぬところへQSYしてしまうこともあります。 (MAXRIGを3,4と増やしても同じです)

JO3JYE
enhancement 0

His RST (Sent RST) の常時表示と入力

2021-07-13T14:23:55Z

zLogは、His RST (Sent RST,こちらから相手に送るRST,相手の信号のRST)は、内部的には持っているがユーザーは(直接は)変更できず、”memo”欄に一時的に書いておいて(例えば51)、zLog終了後にzListw.exeで書き替えます。

このHis RSTをメインウィンドウ常時表示入力にしたい。個別のQSO編集も。

なんでこんなことを言い出したかというと 「DX Pedition Mode」で(※1)

  • ハイバンドでPhoneだと「私はどんな信号でも59に聞こえる」には無理がある。51を送らざるを得ない時もある。
  • 画面に表示されている”RST”と”rcvd”は「My RST」と「Received Number」なのですがここを代用して「His RST」「My RST」としてしまう人がいて(※2)(マルチOPで運用教育が徹底されてないのも悪い)交信後に修正が手間になる。”rcvd”をグレーアウトしてしまう手もあるがそうするとニューイヤーパーティで困ってしまう。
  • 他のコンテストでも59以外を送出したい向きもあるだろう
  • コンテスト終了後のログ修正禁止条項に引っかかる?か?

(※1)DX Pedition Modeなんだからむしろ59以外ないだろ? (※2)通常のJARL4大コンテストだとHis RSTは”memo”に書く(そこにしか書く欄がない)

His RST 入力可能化に伴いHis RSTにあわせてCWメッセージ送出しないといけないなど影響度が大きい。またHisとMyを間違える対策といったインターフェース対策も予想される。

大工事になってしまいそうです。

jj8dan
enhancement 0

プレコンテスト機能

2021-07-12T12:28:17Z

・コンテストの開始日時の設定 ・開始前のQSOをDupeチェック、マルチチェック、スコア計算から除外 ・開始後に、開始前にQSOした局からコールされたら、Dupeの代わりに「xx:xx 開始前QSO」等の表示

jr8ppg
0

CW送信中に、Optionsウィンドウを操作した場合の動き

2021-04-29T11:52:52Z

CW送信中に、Optionsウィンドウを閉じると強制的にCW送信が止まってしまいますが、次回送信時 から反映だと嬉しい。(以前はそうだったような気がします)。CQ出しながら設定を変えたりしたときに CW送信が止まるのは違和感があります。

jr8ppg
enhancement 0

バンドマップでの現在位置の表示

2021-04-13T12:27:08Z

from ZLOG-REIWA ML

◆BANDMAPの動作について  これはどういう動きが良いのか好みもあるかもしれません、、  430.050.00でJK1JHUをバンドマップに取り込んで (CTRL+N) いた時、

 周波数をJK1JHUの下側から上げていくと、430.050.09まではVFOの位置が  JK1JHUの上にあり、430.050.10で、JK1JHUの下になります。  周波数をJK1JHUの上側から下げていくと、430.050.00までは、VFOの位置が  JK1JHU下にあり、430.049.99で、JK1JHUの上になります。

 上下ある程度の幅を持ちながら、同じ周波数といえる範囲にVFOが  来た場合には、JK1JHUが反転するなど、BANDMAPの情報とVFOが一致している  状態がわかるのが良いのではないかと感じました。

jr8ppg
enhancement 2

MultiRig V1.0(OmniRig V2.1)のサポート

2021-01-12T14:10:54Z

MultiRig V1.0(former OmniRig V2.1) いや、まだどうやればいいのか、全然分かって無いのですが。

7M4KSC
bug good first issue question 0

Help > About... で「The file (パス名) Does not exist.」

2020-11-06T14:27:26Z

※ Issue作成テストを兼ねて、再現性が不確かな不具合を報告しています

(zLogバージョン) 2.5.0.6 (PC環境) Win8.1 64bit

(現象) zlogのzipフォルダを展開してzlog.exeを一度実行(Windows DefenderのPC保護表示画面から実行)した後、zlog.exeのフォルダを移動すると、Help > About… で The file C:¥Users¥{ユーザ名}¥Documents¥zlogwin_2500_20200928 Does not exist. というエラーメッセージが表示され、[OK]を押すとAbout画面が表示される。 このときのAbout画面は、May 23,2005 の右に「全市全郡コンテスト」のように表示されるべきところ「Label2」と表示される。

(再現手順) 不明、要再検証

jj1cvh
enhancement help wanted 2

WAEコンテストの動作確認

2020-11-06T12:25:11Z

WAEコンテストの動作確認 QTC送信機能は未完成? 動作するとは思えない感じですが、、、

jr8ppg
enhancement 0

USBIF4CW Gen.3対応

2020-11-06T10:51:42Z

USBIF4CW Gen.3対応

CWスピード調整ダイヤルに対応できれば良い

jr8ppg
enhancement 1

チャット機能の強化

2020-11-06T10:50:34Z

チャット機能を強化したい 具体的な内容は未検討

例えば ・スタンプ(定型文) ・LINEの様な表示?

jr8ppg
enhancement 2

USBIF4CW.DLL対応

2020-11-06T03:47:31Z

usbif4cwWriteData()を使えばJVCLいらない - 64bit版DLLが公開されたら

jr8ppg
enhancement 0

Super Checkの複数登録コールの改良

2020-11-06T03:45:59Z

Super Check画面で、SPCファイル中に同一コールで複数マルチが登録されている場合は、複数を表示して欲しい

jr8ppg
ZyLO enhancement 2

wincの非推奨化

2022-09-29T13:30:57Z

問題意識

#95 で検討したように、wincやwalkといったWindows GUIライブラリは、ウィンドウクラスハードコーディングしている。これらのライブラリは、アプリケーション内でウィンドウクラスが重複した場合にpanicを発生するように実装されている。

没案

ウィンドウクラスが重複しないようにwincやwalkを改修すれば良いが、これらのライブラリはPRが開きっ放しでメンテナンス状況が悪く、と言って、自前でフォークを提供する気もない。

解決方法

SetClassName関数を提供しているgonutz/wui/v2等のライブラリへの移行を推奨する。

JG1VPP
ZyLO enhancement 1

zyloパッケージの公開

2022-09-28T14:32:03Z

概要

github.com/nextzlog/zyloパッケージをpkg.go.devに公開する。なお、zbuildzutils.goを出力しなくなる。既存のZyLOを利用した全てのプラグインは、ZyLOの関数や構造体に対し、zylo.QSOというように参照するように書き直す必要がある。

JG1VPP
ZyLO enhancement 0

モールス信号関連パッケージ

2022-09-19T09:29:19Z

問題意識

モールス信号関連の機能をライブラリの形でプラグインから分離してメンテナンスする。

解決方法

エンコーダ及びデコーダをgithub.com/nextzlog/zylo/morseというライブラリとして公開する。これを利用する形でプラグインを再整備する。

JG1VPP
ZyLO enhancement 1

CTESTWINとの星取り表

2022-09-18T11:19:41Z

問題意識

SEOを意識して、CTESTWINとzLogの対立軸を明確化して、集客を目論む。

解決方法

星取り表を作って公開する。例えば、

機能 CTESTWIN zLog
ほげ

JG1VPP
bug ZyLO 1

プラグインをインストールした際に一部のイベントハンドラが呼ばれない

2022-09-17T16:35:38Z

概要

プラグインをインストールした際にOnLaunchEventは呼ばれるが、OnAttachEventOnInsertEventは呼ばれない。

再現手順・設定

Maplotライブラリをインストールしてウィンドウを表示すると何も表示されないのは、OnInsertEvent関数が呼ばれないため。

期待される動作

上記の関数が呼ばれる。

対応期限

未定

JG1VPP
ZyLO enhancement 3

ZyLOの開発言語について

2022-09-13T06:02:58Z

問題意識

ZyLOの開発言語はGoだが、開発言語を増やすことで、参入の機会を拡大できるなら、ぜひ検討したい。

JG1VPP
ZyLO enhancement 1

コンテスト欲張りセットプラグイン

2022-09-13T05:58:15Z

問題意識

コンテスト毎にプラグインが別々だとユーザにとっては面倒かも知れない。 また、現実的な課題として、デッドウェイトとなるプラグインを増やしすぎると、パフォーマンスの低下が心配である。

解決方法

ZyLo公式のコンテスト用プラグインをひとつに集約する。

JG1VPP
ZyLO enhancement 0

CFGファイルからDLLを自動的にインストールする機能

2022-09-13T05:52:36Z

問題意識

プラグインマネージャに慣れないユーザのため、馴染みのあるCFGファイルからDLLを自動的にインストールする機能があれば、機会の拡大に繋がる。

解決方法

以下のようなpkg構文を追加する。これにより、コンテストを開く前に、インストールの可否の確認ダイアログが表示され、YESボタンを押すことでpkg.rttestのインストールが自動的に行われる。

exit
dll rttest.dll
pkg rttest

JG1VPP
ZyLO enhancement 3

ZyLO公式サイトの機能

2022-08-28T07:22:06Z

概要

ZyLO公式サイトは、zLogの新たなポータルサイトとして、わかりやすくzLogの各種情報を提供するサイトを目指す。ここでは、必要な機能を検討する。

JG1VPP
ZyLO enhancement 5

zLog Forumの設置

2022-08-25T14:12:17Z

問題意識

これはZyLOというよりもzLog令和editionの機能をより多くの人に知ってもらい、その結果利用者が増え、ZyLOの利用者も増えるみたいなことを考えたものです

zLogの機能や設定について説明(wiki)やググってもわからない際に、どうしようもなくなってしまう

解決方法

https://forum.air-hamlog.com/c/support のような「機能の質問や説明を利用者同士(たまに開発者側)が行うサイト」を作る必要がある気がします。

課題

  1. そもそもの設置に関して どこでforumを開くのがいいのか… そのサーバの管理をどうするか… アカウントなどをどうするのがよいのか… githubのアカウント登録は英語ですし、携帯電話による認証など(その対応すら英語)が必要なので、zLogを使う人(年齢層高めが多い)にはハードルが高い気がしています

  2. 運用について 基本的にはCFD Online Forumsやyahoo知恵袋のように利用者同士が教え合う形にしておく必要がある。 上のAir Hamlog のForumは、利用者が開発者に問い合わせる形になっており、開発者が忙しく回答できない場合(メンテができなくなった場合, zLogの2002年以降のように)は使いにくいものとされてしまう

jucky154
ZyLO enhancement 3

Yet-Another zLogプラグイン (yazlog)

2022-07-27T16:01:58Z

構想

zLogプラグインを妄想するスレ #43で見出されたプラグイン案をウェブインターフェースに統合して実現する。

JG1VPP
ZyLO enhancement 30

zLogプラグインを妄想するスレ

2022-07-26T11:21:34Z

真面目な話、zLogプラグインは、クラウド連携や自作ハードウェアとの連携が中心になる。 で、これらの分野でキラーアプリが不足している。というわけで、アイディア出しをしよう。

JG1VPP
ZyLO enhancement 3

広報資料作成

2022-07-18T13:17:06Z

問題意識 ZyLOにしてもzLog 令和editionにしても機能が十分に認知されていない(この辺はJR8PPGさんと共通の見解 (https://twitter.com/jr8ppg/status/1548997253658198016 )) そのため、なんらかの周知の工夫を行う必要がある。

解決方法

  • 機能の紹介を動画にしてYouTubeにアップロードする 特にリアルタイムコンテスト周りを優先的に
  • それをhamlifeやCQ ham radioに送って紙面にしてもらう HAMLOGが更新のたびにhamlifeに乗っているし、CQ ham radioには年に一回くらいHAMLOGの使い方というページがある

jucky154